HOME » 蔵だより

蔵だより

日本酒は、寒期に造り、新酒が出来上がり、春にはかすみ酒、夏には爽やかな季節のお酒、秋にはひやおろしと四季を通じて楽しめます。また、原料のお米造りや蔵元が参加するイベントなど、様々に関わる出来事があります。こちらの「蔵だより」では、各蔵元が季節を通じ様々なトピックを発信しております。

01
Jun
2020
黒龍

~飲食店応援酒「黒龍 大吟醸 命保水(みょうぼすい)」に込めた思い~

コロナ禍で飲食業界が苦境に立たされる中、福井県内の地酒専門店(黒龍酒造特約店)5名により、「福井の食文化と福井地酒を応援する会」が結成されました。「福井の食文化や酒文化を守りたい」という思いを胸に、各蔵元に「飲食店応援酒」の商品企画を働きかけています。弊社では、その「福井発」の思いを全国の苦境に立たされている飲食店へと拡げるべく、2020年5月~11月までの期間限定で、飲食店応援酒「黒龍 大吟醸 命保水」の発売を決定致しました。
「命保水」の名は、弊社兼定島酒造りの里のある場所がかつて九頭竜川に囲まれた中洲であった時、渇水期にも滾々と伏流水が湧き出し、多くの命を救ったと云われのある地籍が由来となっています。現在、その地には天谷調理製菓専門学校が建ち、料理人や菓子職人の卵を、食の世界へと輩出しています。今回、飲食店様を応援するため、天谷様のご厚意により、天谷様で使用されている「命保水」の銘をお借りし、飲食店様だけの限定酒として瓶詰致しました。
この商品が、困難に立ち向かう皆様にとっての「命保水」となることを、心より願っております。

命保水.jpg

<商品情報>
国産酒造好適米100%使用
精米歩合50%
アルコール度数14.5%
大吟醸酒
150ml
オープン価格
※11月までの期間限定販売です。

「福井の食文化と福井地酒を応援する会」(https://www.ganbaro-fukui.work/

黒龍 - 2020.06.01
01
May
2020
喜楽長

【喜楽長】心は穏やかに

新型コロナウイルスによる困難な状況の中、苦しんでおられる多くの方々に心からお見舞いを申し上げるとともに、治療や感染予防に力を注がれている方々に、大きな感謝と尊敬の意を捧げます。弊社といたしましても、今は、日本全体が耐え忍ぶ時、として手洗い・消毒といった社員の健康を守る努力とともにできる限りの取り組みを行っております。

IMG_5353.JPG

弊社といたしましても、微力ながら何かできないかと、社員で相談し、先日よりすべてのお酒の出荷時に「#心は穏やかに」とメッセージをつけて送り出しています。こんな時だからこそ、心まではすさまないように、こんな時だからこそ日本酒が少しでも皆様の心を穏やかに優しくできますように、との思いを込めてお送りしています。
今後、お見かけ頂きましたら、少しの気持ちを穏やかにするきっかけになれば幸いです。

喜楽長 - 2020.05.01
PAGE TOP